亀田メディカルセンター 薬剤師レジデンシープログラム研修

薬剤師レジデンシープログラム研修 最新情報

21.04.22
2022年度 TTSP薬剤師レジデントの募集を開始しました
20.02.28
薬剤師レジデンシープログラム研修の内容を公開しました

薬剤師レジデント制度について

亀田メディカルセンターでは薬剤師レジデントのことを「TTSP」と呼んでいます。
TTSPとは、Transdisciplinary Transition Support Programの略称であり、職種を超えて横断的な教育を受けることで、臨床における幅広い知識と技術の習得を図り、病院内の様々な職種と連携してチーム医療において活躍できるプロフェッショナルスキルと高い倫理観をもった薬剤師の養成を目的としたプログラムです。

研修課程の内容

【研修期間】2年間

PGY1-2 共通の研修内容

論文紹介(ジャーナルクラブ)、症例報告会、臨床メンター・学術メンターとのMeeting、大学・専門学校講師、学術発表などを行う。

コース別研修内容

  • -薬物療法専門・がん専門薬剤師修練コース-
  • -地域薬学ケア薬剤師修練コース-
  • -小児・周産期領域専門薬剤師修練コース-
  • -薬物療法専門・がん専門薬剤師修練コース-

    ◎PGY1(各コース共通)

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月
    薬剤部セントラル業務研修
    DI
    研修
    臨床
    薬剤科
    研修
    他部署研修※
    研修
    まとめ

    ※他部署研修: 栄養管理室、臨床検査室、看護部、医事課、画像診断室 リハビリテーション事業管理部、麻酔科

    ◎PGY2

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月
    各診療科研修
    必須研修:感染症科(3カ月)
    選択研修:呼吸器内科(1~2カ月)、救命救急科(1カ月)、集中治療・心臓血管外科(2カ月)、血液・腫瘍内科(2カ月)
    海外
    研修
    (選択)
    研修まとめ
    学術発表
  • -地域薬学ケア薬剤師修練コース-

    ◎PGY1(各コース共通)

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月
    薬剤部セントラル業務研修
    DI
    研修
    臨床
    薬剤科
    研修
    他部署研修※
    研修
    まとめ

    ※他部署研修: 栄養管理室、臨床検査室、看護部、医事課、画像診断室 リハビリテーション事業管理部、麻酔科

    ◎PGY2

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月
    各診療科研修
    必須研修:感染症科(3カ月)
    選択研修:脳神経内科(1~2カ月)
    在宅
    事業部
    研修
    他施設研修※
    海外
    研修
    (選択)
    研修まとめ
    学術発表

    ※他施設研修:介護老人保健施設・家庭医クリニック・災害拠点病院 リハビリテーション病院・調剤薬局研修

  • -小児・周産期領域専門薬剤師修練コース-

    ◎PGY1(各コース共通)

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月
    薬剤部セントラル業務研修
    DI
    研修
    臨床
    薬剤科
    研修
    他部署研修※
    研修
    まとめ

    ※他部署研修: 栄養管理室、臨床検査室、看護部、医事課、画像診断室 リハビリテーション事業管理部、麻酔科

    ◎PGY2

    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    1月
    2月
    3月
    感染症科研修
    産婦人科研修
    生殖
    医療科
    研修
    NICU
    病棟研修
    小児科
    研修
    保険
    薬局
    研修
    海外
    研修
    (選択)
    研修まとめ
    学術発表

各診療科研修のうち必須診療科として感染症科に関しては、原則研修を実施。
その他海外研修を含む診療科および他施設に関しては選択として変更可能。

TTSP OB/OGからの声

6期生TTSP 臨床薬剤科 副主任 脳神経内科担当 和泉 早矢香

皆さんは、どんな薬剤師になりたいですか?
私は大学卒業後、まずはジェネラリストとしてどの分野にも通用する薬剤師になりたいと思い、当院の薬剤師レジデントプログラムを選びました。特に、診療科研修・他部署研修があること、プログラムに柔軟性があることは、他には無い大きな魅力だと思います。医師の診療に同行し、多職種と協働しながら、『薬剤師がすべきことは何か』『薬剤師に求められているものは何か』を実際に体感することができます。ぜひ、亀田でしかできないレジデント研修を経験し、あなたの目指す薬剤師像に近づいてください!

10期生TTSP DI(医薬品情報)科 村山 和真

人生は選択の連続です。自分の選択で未来が決まってきます。
自分で選択したことは得るものも、残るものも多いです。必要なのは知識だけではありません。
尊敬する先輩方は高い倫理観を持ち続け、当院のレジデントプログラムを修了した後輩達は自立して自律していきます。不安や緊張なんて当たり前です。でも一歩踏み出す勇気は当たり前ではありません。その勇気(選択)で自分の未来を変えてみませんか。ここには、価値観を変える出会いやあなたのすべきことが見つかります。

薬剤管理部長より

亀田メディカルセンターでは2005年4月に、経営管理・臨床業務に堪能な薬剤師を育成するためのTTSP-PPR(Transdisciplinary Transition Support Program Pharmacy Residency,新人の過渡期を支援するプログラム:実務薬剤師レジデンシー)の2年間プログラムを導入し、あわせて海外の薬剤師レジデンシープログラムを参考にし、民間病院として国内初のプログラムを導入してきました。
Vision は世界に通用する薬剤師を育成するとともに、医師・看護師に劣らない倫理観の高い医療人としての薬剤師を輩出できる医療機関を目指しています。
Mission は医師看護師と共通言語を修得し、様々な問題点を個で解決に導くことができるリテラシー向上を中心としたレジデンシープログラムを完遂させることで、医師看護師の国家試験と比較しても圧倒的な薬力学と薬物動態学、薬剤経済学を他職種との共通言語(技術)を修得することで、医師への Recommendation のみならず医師が診断、 医師が薬物治療全てを薬剤師に任せることができるような薬剤師 (特定薬剤師)、患者家族の治療に対する意思決定に参画できる薬剤師を育成していきます。
近年少子高齢社会の中で、市町村レベルの地域包括ケア単位でどこでも活動できる薬剤師力が求められる中、亀田関連事業所を利活用した地域ジェネラリストプログラムを導入しました。亀田だからこそ可能な医療職間を超えた教育文化のもと、私たちと一緒に医療人として医師と肩を並べられる薬剤師を目指し、チャレンジする皆さんの応募を、お待ちしています。

(医療管理本部 薬剤管理部 部長 、亀田総合病院 薬剤部 部長  舟越亮寛)

募集要項・FAQ

募集要項

【応募資格】
薬剤師免許取得者 または 2022年3月卒業見込みで薬剤師免許取得見込みの者
【研修期間】
2年間
【研修開始日】
2022年4月1日
詳しくはこちらをご覧下さい

FAQ

教育環境について教えてください。

調剤研修や病棟研修業務だけでなく、各診療科にて初期研修医と同等の研修を行うことで、診断や治療の過程を学ぶことができます。

レジデント修了後の進路は?

レジデント修了後はそのまま薬剤部所属となり、常勤薬剤師として、病棟やクリニック等で活躍している方が多くいます。

研究や学会活動について教えてください。

研修中は研修期間中に直面した問題点を解決するために自らプロジェクトを立ち上げ、研究課題として遂行し、学会や論文などで発表しています。

所属が異なると、一般職員の薬剤師との交流はありますか?

薬剤部セントラル業務研修が6カ月間あり、また薬剤部の行事としてボーリング大会やバレーボール大会、新人歓迎会、薬剤部忘年会など薬剤部の仲間としての交流の機会はたくさんあります。また当院では「TEAM KAMEDA」というサークル活動も活発なので、多職種との交流の機会もたくさんあります。

レジデントの給料はどのくらいですか?

月給225,000円(固定給)です。住居に関しては社宅が用意されており、家賃負担額は半額となっています。

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 薬剤部 鈴木正論  問い合わせフォーム

亀田メディカルセンター 薬剤部職場紹介