プログラム紹介・募集要項

亀田総合病院 呼吸器外科専門医研修プログラム

定員:若干名
状況:見学受付中
採用試験日:個別に日程調整します

見学申し込み  アクセス情報

プログラム基本情報

当科の後期研修プログラムでは高い手術技能と的確な臨床判断、対応能力、医療倫理を備えた真に実力のある呼吸器外科専門医の育成を目指します。
2019年度の当科の年間手術実績は247例です。そのうち原発性肺癌が約70%を占めています。転移性肺腫瘍や縦隔腫瘍に対する手術の他、地域の基幹医療施設であることを反映して外傷や膿胸、感染性肺疾患等に対する手術も幅広く行っています。肺癌に対しては完全鏡視下肺葉切除術を標準術式として安全・確実に行い、高齢者や低肺機能患者に対しては肺区域切除術をやはり完全鏡視下に行っています。また、進行期肺癌で術前治療を行った症例において他臓器合併説所や気管支・血管形成術を要する手術も行っています。その他、内科各科、放射線科等と良好に連携して根治性とQOLの維持を目指した非手術的外科的介入を積極的に行います。当科で行う肺腫瘍に対する凍結治療はユニークな低侵襲治療です。
研修期間においては外科専門医取得に必要な症例経験の確保はもちろん、呼吸器外科専門医として重要な消化器外科、心臓血管外科等での基本手技の習得を重要視して個別のプログラムを設定します。互いを尊重する自由な雰囲気の中、経験豊富な指導医のもとで呼吸器外科医としての高みを共に目指しましょう。

プログラム責任者からのメッセージ

呼吸器外科専門研修プログラムを希望される皆様へ
呼吸器外科プログラム責任者 杉村裕志

亀田メディカルセンターは千葉県南房総地区の基幹医療施設として地域医療を重く担うと同時に、進取の気性や国際性に富み常に新しい事に挑戦するというユニークな特徴を併せ持っています。各科に経験豊富で医療人としてバランスの取れたスタッフがそろっており、高度な医療を日々実践しながらも院内には人に優しい雰囲気があふれています。
当科で研修を行う皆様には優秀な外科医、よき臨床医になる基礎をここでしっかりと作っていただきたいと思います。ここでは少数精鋭の環境で幅広い臨床経験をしていただきます。医局員の中で埋もれて過ごす時間はありません。地域の中核大病院ゆえに症例は豊富かつ多様であり常に前線でそれらに対応していただきます。人として医療人として患者さん、ご家族、周囲の医療スタッフと対等かつ適切な関係を作ることが求められます。必然的に研修期間内に習得できる手術手技は多岐にわたります。患者さんを第一に考えて型にはまらず臨機応変に状況にあたることが求められますのでリーダーとして対応できる臨床状況が確実に多くなります。
後期研修終了は呼吸器外科医としての独り立ちを意味します。亀田での研修を終える際には卒業生としての自信と誇りを持って旅立っていただけるよう精一杯お手伝い致します。

プログラム詳細

プログラム詳細情報

見学申し込み

募集要項

研修期間 2022年4月~
研修方法 各プログラムにおける、3~5年の後期研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 個別に日程調整します
定員になり次第募集を締め切ります、お早めにご連絡ください
出願書類 a.専門研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇 1.給与
 年俸制:院内規定により支給
 その他手当あり
2.有給休暇
 10日/1年目
3.社宅
 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
4.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能

プログラム一覧へ戻る

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター  問い合わせフォーム

=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE