亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
後期研修トップ 亀田後期研修の理念 プログラム紹介 病院見学 後期研修Q&A
プログラム紹介
消化器外科専門医研修プログラム

定員:若干名
状況:見学受付中
採用試験日:9月上旬予定

見学申し込み  アクセス情報

プログラム基本情報

当院の消化器外科プログラムでは、2001年より毎年1〜2名の卒後3年目すなわち外科経験がほとんどないシニアレジデントを採用してきました。4年間のプログラム期間で、ある程度難易度の高い消化器手術を完遂可能となることを目標としてきました。そのためには集中的執刀が必須であると考え、手術症例のかなりの割合において術者として経験してもらいました。
具体的には、1年次より各種手術の助手を経て肛門疾患、鼠径ヘルニア、虫垂炎の術者となり、後半より腹腔鏡下胆嚢摘出術、開腹胃切除術や結腸切除術の術者となります。
2年次以降は緊急手術や、腹腔鏡下胃切除術や腹腔鏡下結腸切除術の術者となります。
3年次には腹腔鏡下直腸切除術の術者となり、4年次の実力がある者は食道手術や肝胆膵悪性手術の術者を経験してきました。
新専門医制度に該当するレジデントは、基本的には外科専門医取得後に消化器外科専属となります。上記の手術経験を基準として、各人の診療経験、手術の技量に応じて診療および手術の執刀をしてもらいます。3年間のプログラム期間で消化器外科専門医を取得するのに十分すぎる手術経験が得られます。
週1回のクリニックでの外来業務があります。また月6回程度の当直業務があり、病棟および救急疾患の対応を行います。夏季から秋季に1週間の休暇があります。

プログラム責任者からのメッセージ
消化器外科専門医研修プログラムを希望される皆さまへ
消化器外科プログラム責任者 草薙 洋


当科は通常の南房総唯一の総合病院であるため、通常の予定手術は勿論のこと外傷、急性腹症などの救急手術も多く、年間1,400例あまりの手術を行っており様々な手術を術者として経験ができます。従って一定期間の在席で消化器外科専門医の取得は十分可能です。
外科医であるからには手術業務に従事し技能を習得することは当然と考えています。そのうえで様々な職種と会話が成立し、瑣末的理論に囚われず全人的診療のできる医師の育成を目指します。
プログラム詳細

プログラム詳細情報

見学申し込み

募集要項
研修期間 2018年4月〜
研修方法 各プログラムにおける、3〜5年の後期研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 9月上旬予定
出願書類 a.後期研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇
1.職名 後期研修医
2.勤務形態 常勤医
3.給与 卒後3年目扱い:基本月額495,000円
以降院内規定により昇給
賞与:当院給与規定により支給
その他手当あり
4.有給休暇 10日/1年目
5.社宅 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
6.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能
ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.