プログラム紹介・募集要項

亀田総合病院 集中治療科専門医研修プログラム

定員:若干名
状況:見学受付中
採用試験日:個別に日程調整します

見学申し込み  アクセス情報

プログラム基本情報

亀田総合病院集中治療科は2013年4月に発足した比較的新しい診療科ですが、当科の管理する集中治療室は、スーパーICU加算が認められている集中治療室です。
14床の集中治療室において、内科・外科を問わず、集中治療専従医が24時間・365日、常にあらゆる重症患者の全身管理/集中治療を行います。
2019年度は14床のclosed-ICUを運営し、約900例の入室患者を管理しており救急室経由や院内の急変症例などの入室患者が約60%、心臓血管外科術後をはじめとする予定術後入室患者が約40%を占めております。
敗血症・敗血症性ショックが全体の23%、心臓血管外科術後が23%とそれぞれ内科・外科のトップを占めます。人工呼吸器装着患者が35%、腎代替療法を要する患者が14%を占めます。ECMOは年間数例、IABPは5-10例です。ICU死亡率は5.9%と一定の水準を維持しており、中でも死亡率の高くICUの代表的な治療対象である敗血症の28日死亡率は20%と高水準の成績をあげています。このように、量、質、疾患のバラエティーいずれにおいても充実した集中治療研修が受けられます。

当科プログラムでは、集中治療専門医の資格取得を目標としています。
特に新専門医制度下で集中治療専門医を目指す場合には、基盤となる専門医の取得(例:麻酔科、救急科、総合内科)が前提となりますので、基盤となる専門医取得も含めたプログラムを個別に作成します。
関連各科、特に救急科や麻酔科とも密にタイアップしており、専門医資格取得については個々人のニーズに合わせた柔軟な個別プログラムの提供が可能です。
勤務は日勤と夜勤の2交代完全シフト制(半日以上の連続勤務はありません)です。
24時間365日、集中治療専門医の指導体制のもとで研修が受けられます。
臨床エビデンスを意識した日常診療だけでなく、上級医によるレクチャー、ジャーナルクラブ、教科書や商業雑誌への執筆、充実した院内他科ローテーション(総合内科、感染症科、救急科、麻酔科)、臨床研究など科学リテラシーを兼ね備えた集中治療医の養成を目指しております。

診療内容:
・24時間365日、集中治療専門医の指導のもと、集中治療室に入室した患者様だけを対象に治療に専念する独立した診療科です。
・14床のclosed ICUで特定集中治療管理料1、日本集中治療医学会専門医研修施設認定を受けています。
・Common diseaseを中心とした幅広い症例(内科系では敗血症、外科系では心臓血管外科術後を中心)を対象としてICUを退室するまでの管理を行います。
・集中治療科専従医師の元、看護師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、臨床工学技士、栄養士などの他職種専門スタッフが協力し合い、世界標準でかつ最新の知見を踏まえた質の高い医療を提供しています。

症例数(2019年度実績)
ICU入室数:900例(予定術後患者385例、緊急入室479例)
人工呼吸器症例:366例 腎代替療法施行回数:402回

プログラム詳細

プログラム詳細情報

見学申し込み

募集要項

研修期間 2022年4月~
研修方法 各プログラムにおける、3~5年の後期研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 個別に日程調整します
定員になり次第募集を締め切ります、お早めにご連絡ください
出願書類 a.専門研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇 1.給与
 年俸制:院内規定により支給
 その他手当あり
2.有給休暇
 10日/1年目
3.社宅
 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
4.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能

プログラム一覧へ戻る

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター  問い合わせフォーム

=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE