プログラム紹介・募集要項

亀田総合病院 内科専門医研修プログラム(基幹施設)

本プログラムは、亀田総合病院を研修基幹施設とし、近隣医療圏の研修連携施設6施設および福島県相双医療圏の研修連携施設1施設とで、専門研修施設群を形成しています。質の高い指導体制の下での豊富な臨床経験を通じ、内科専門医に求められる基本的な能力を、高いレベルで修得することができます。

また、密接な連携実績のある研修施設群で研修経験を積むことにより、地域の医療事情や文化を理解し、施設間連携をとりながら医療を行うことのできる内科専門医の育成をめざします。

キャリアサポート体制も充実しており、個々の専攻医の希望に応じ、さらに高度な総合内科generalityの獲得をめざすことも、内科系subspecialtyをめざすことも可能です。

研修コースの概要

本プログラムでは専攻医が抱く専門医像や将来の志望に合わせて以下の2つのコース、①基本コース、②地域医療強化コース、を準備しています。

①基本コース

将来、病院総合内科の専門医・内科系救急医などの高度なgeneralistをめざす専攻医も、内科系subspecialtyの専門医となることをめざす専攻医も、ともに、基本コースを選択することができます。
本コースでは、まずは内科の領域を偏りなく幅広く学び、内科専門医としての総合的な診療能力を身につけます。その後、さらに高度な「generalistとしての専門性」をめざす研修をすることも、subspecialty領域の重点研修(連動研修)をすることも可能です。

基幹研修施設 亀田総合病院では、専攻医・初期研修医を含む、屋根瓦式の担当チームの一員となり、内科系13診療科、内科指導医資格を有する25名を含むスタッフ内科医約70名が指導を行います。連携研修施設には、地域基幹病院である安房地域医療センター、南相馬市立総合病院、地域医療密着型病院であるいすみ医療センター、さんむ医療センター、地域密着型診療所である亀田クリニック、亀田ファミリークリニック館山、がん専門病院である国立がん研究センター東病院があり、連携施設には原則として3か月以上のローテーションを行い、合計6か月以上研修します。

さらに、内科系subspecialtyの専門医をめざす専攻医は、一定の条件を満たせば、研修2年目から、subspecialty重点研修(内科とsubspecialtyとの連動研修)を行うことができます。内科専門研修制度に定められた原則に沿ってsubspecialty重点研修は最長2年間となりますが、この連動研修の期間は、内科系subspecialty 領域専門医取得の研修期間の一部と見なされることになっています。

総合内科の専門医などの高度なgeneralistをめざす専攻医は、基本的な総合的内科診療能力を身につけた後は、さらに高度なgeneralistとしての幅広い診療能力を高め、また、後輩専攻医・初期研修医・医学生の指導を行い総合的な内科教育者としての能力を養成するための、総合的な内科研修を基幹施設あるいは連携施設で行うことができます。

②地域医療強化コース

地域医療における、横断的かつ総合的な内科診療医をめざす専攻医は、地域医療強化コースを選択することができます。「地域医療のspecialist」として、地域事情や文化を理解し、患者の生活に根ざした全人的な医療を行うことのできる幅広い内科診療能力を養います。

地域医療強化コースでは、安房地域医療センター、南相馬市立総合病院などの、地域の中心となり医療を支えている研修連携施設を軸とした研修を行います。地域医療に精通した内科指導医の下で、コモンな内科疾患を中心に内科領域全般を幅広く経験し、継続性をもって地域住民への啓発活動や保健活動に関わります。これらを通じて、地域の実情や患者の生活に根ざした全人的な診療能力を修得します。
研修期間は、基幹施設6か月以上+連携施設2年6か月までの、計3年間となります。

稀少疾患や高次医療については、基幹施設において、内科系各診療科、あるいは複数科が連携したクラスターをローテーションして研修します。内科領域全般にわたり十分な研修を行うために、履修状況を検証しながら、基幹施設での研修期間は内科専門医制度研修カリキュラムを充足するために必要な期間まで調整します。

地域医療強化コースにおいても、「地域医療のspecialist」として地域に根ざした全人的な医療を行ううえで、それを強化する内科系subspecialtyの専門性も身につけることをめざす専攻医は、一定の条件を満たせば、研修2年目から、内科とsubspecialtyとの連動研修を開始することができます。

いずれのコースを選択しても遅滞なく内科専門医受験資格を得られるように工夫されています。専攻医は卒後5~6年で内科専門医、その後Subspecialty領域の専門医取得ができます。

プログラム概要へ戻る

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター  問い合わせフォーム

=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE