亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
後期研修トップ 亀田後期研修の理念 プログラム紹介 病院見学 後期研修Q&A
プログラム紹介
精神科専門医研修プログラム(基幹施設は千葉大学/千葉県精神科医療センター/袖ヶ浦さつき台病院)

(亀田総合病院は連携施設として研修実施)

定員:若干名
状況:見学受付中
採用試験:9月以降

見学申し込み  アクセス情報

プログラム基本情報

当院は千葉大学精神科、千葉県精神科医療センター、袖ケ浦さつき台病院を基幹施設とする3つの研修施設群の研修連携施設です。
当科の基盤にある亀田総合病院は総病床数917床の大規模総合病院であり、救命救急センターや周産期医療センターなどを付設し、南房総地域の中核的医療施設として重要な役割を果たしています。
精神科病床は52床の閉鎖病床であらゆる病態に対応が可能であり、気分障害や統合失調症を中心に、児童思春期の精神疾患から器質症状性精神障害まで多種多様な精神疾患を経験可能です。また、当院の最大の特徴として、リエゾン診療の場で精神リエゾンチームを稼働・機能させると共に常勤の臨床心理士5名を他科の要請に併せて多面的に活動させていることがあります。このシステムがあるが故に、当院では身体症状を併せ持つ精神疾患患者や高度化する一般医療の現場で日々発生してくる精神疾患の問題に迅速かつ的確に対応することが可能となるのであり、専攻医として貴重な経験を積むことが可能となると考えています。

連携施設責任者からのメッセージ
心療内科・精神科プログラム連携施設責任者  小石川比良来

超高齢化社会が進行し精神疾患に伴う身体合併症の出現頻度が増し、また身体疾患に伴う精神症状の問題や医療の高度化によってもたらされる新たな精神科的諸問題が前景化してきました。その結果、一般医療と精神医療の連携の必要性が強く求められるようになり、診療報酬の面でもこの点を後押しする傾向が目立ってきました。我々はこの点の重要性を早くから認識し、亀田モデル、すなわち<精神科リエゾンチームの活動の展開>と<半独立型の臨床心理室の拡充強化>を組み合わせることで時代の要請にこたえようとする努力を続けてきました。総合病院精神科のあるべき未来を先取りしているという密かな自負を抱いています。これから精神科医専攻医を目指す意欲的な若い人たちが加わってくれることを期待しています。
プログラム詳細

プログラム情報
基幹プログラム情報 (千葉大学/千葉県精神科医療センター/袖ヶ浦さつき台病院)

プログラムPDF

見学申し込み

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.