プログラム紹介・募集要項

亀田総合病院 眼科専門医研修プログラム(基幹施設)

定員:4名
状況:見学受付中
採用試験日:個別に日程調整します

見学申し込み  アクセス情報

プログラム基本情報

亀田総合病院眼科の研修プログラムの趣意は、眼科医療を学ぶことにとどまらず、医師としての人格の育成と、患者第一の医療の実践を行うことである。4年後の眼科専門医試験の受験資格を得ることはもちろん、これを難なくこなし得る知識と技能を身につけた優秀な眼科医を育成することである。

眼科研修の初期には、それぞれの分野のスペシャリストから基本講義を受け知識の整理を行う。また、近年専門IT化のすさまじい検査部門については専門の検査技師のアドバイスや指導を受け、基本である屈折、視野、視機能検査のほか、OCTやUBM、デジタル眼底撮影や角膜トポグラフ、全視野あるいは多局所ERG測定にいたるまで、自ら行い習熟したうえで患者診察を開始する。

内眼手術のうち白内障手術は専門医試験まで少なくとも100例経験する。眼底検査に習熟し、レーザー治療が充分出来、眼底観察が周辺部まで可能になれば、網膜硝子体手術の助手となり、バックリング、簡単な硝子体手術も行う。緑内障は指導医のもと、眼底所見と視野所見に基づいた患者の診察を行う。点眼等薬物治療に習熟した後、ろ過手術にも参加する。その他の領域も各専門分野の指導医のもと、必要な基礎知識と技術を習得する。

プログラム責任者からのメッセージ

準備中

プログラム詳細

プログラム詳細情報

プログラムPDF

見学申し込み

基本領域・基幹施設 募集要項

研修期間 2022年4月~
研修方法 日本専門医機構認定プログラムによる、基本領域専門医研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 個別に日程調整します
定員になり次第募集を締め切ります、お早めにご連絡ください
出願書類 a.専門研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇 1.給与
 年俸制:院内規定により支給
 その他手当あり
2.有給休暇
 10日/1年目
3.社宅
 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
4.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能

プログラム一覧へ戻る

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター  問い合わせフォーム

=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE