亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
後期研修トップ 亀田後期研修の理念 プログラム紹介 病院見学 後期研修Q&A
プログラム紹介
亀田総合病院 産婦人科専門医研修プログラム

定員:6名
状況:見学受付中
採用試験日:9月上旬予定

見学申し込み  アクセス情報

プログラム基本情報

産婦人科診療には、大きく分けると
 @妊娠分娩産褥期に関わる周産期医療
 A婦人科悪性・良性疾患を中心とする婦人科診療
 B不妊治療などの生殖に関わる診療
 C思春期から更年期・老年期まで女性特有の疾患に関わる女性診療  の4つの柱があります。

産婦人科は「女性のための総合診療科」です。女性の健康維持・増進、疾病の予防・治療などの諸問題を、統合的・全人的に把握し診療を行います。そのためには、女性特有の生理・病態と健康に関わる社会システムの十分な理解が必要です。また、女性の各ライフステージに沿って、子宮がん、卵巣がん、乳がんの予防、早期発見、妊婦健康診査といった予防医学にも取り組んでいます。

医師のトレーニングにおいて、専門医としての思考過程の確立は、極めて重要です。当院の産婦人科専門医研修プログラムでは、基本的な診察手技、臨床診断推論、診療録記載、治療目標設定、評価といったプロセスを重視した教育を行ない、女性のための総合診療医を育成します。

プログラム責任者からのメッセージ
産婦人科専門医を目指す医師へ
産婦人科プログラム責任者 鈴木 真


産婦人科診療は女性の一生に寄り添う診療科である。その領域は極めて幅広く、出産直後の新生児との関わりに始まり、思春期、生成熟期、更年期、老年期と全て年齢層が対象となる。月経初来、出産、更年期など生理的現象における異常への対応、婦人科悪性腫瘍、性感染症、不妊生殖内分泌など健康診断から疾患の診断、予防まで及ぶ。これを短期間で習得することは極めて困難であり、全てを深く理解することは不可能である。そのため周産期、婦人科腫瘍、生殖内分泌、オフィスガイネコロジーといった本来の意味での専門医研修は、産婦人科専門医研修において産婦人科領域を一通り理解した後になる。当院の産婦人科専門医研修では、女性の総合医として、発生学、生理学はもちろん病態生理学的見地を十分踏まえた実地臨床はもちろん、カンファレンス、ジャーナルクラブを通して、女性の訴える全ての状況に対応し、必要に応じて適切な介入、コンサルトができる医師を養成することを目指している。
プログラム詳細

プログラム詳細情報

プログラムPDF

見学申し込み

募集要項
研修期間 2018年4月〜
研修方法 各プログラムにおける、3〜5年の後期研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 9月上旬予定
出願書類 a.後期研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇
1.職名 後期研修医
2.勤務形態 常勤医
3.給与 卒後3年目扱い:基本月額495,000円
以降院内規定により昇給
賞与:当院給与規定により支給
その他手当あり
4.有給休暇 10日/1年目
5.社宅 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
6.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能
ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.