亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
後期研修トップ 亀田後期研修の理念 プログラム紹介 病院見学 後期研修Q&A
プログラム紹介
総合診療専門医研修プログラム(亀田ファミリークリニック館山が基幹施設)

定員:6名
状況:見学受付中
採用試験日:個別に日程調整

見学申し込み  アクセス情報    医学生・研修医の方へ(blog)

プログラム基本情報

当院は北条海岸に面した南房総のリゾート・館山に位置する“大規模”無床診療所です(診察室15室)。全国随一の幅広い診療領域と規模を誇り、透析・リハビリセンター及び、訪問看護・ヘルパーステーションなどが併設されています。15年以上にわたり35名以上のプログラム修了生を輩出した実績と歴史があります。

診療範囲は外来のみならず、病棟、在宅、透析、妊婦検診・婦人科診療、各種健診、スポーツ医学、思春期・発達障害診療など多方面に及び、多職種連携も盛んなため、応用の効く、実力ある家庭医・総合診療医を目指すには、まさに理想の環境です。

2013年度からは4年制としています。レベルの高い家庭医・総合診療医育成が目標であること、また指導医養成(フェローシップ)を視野においた研修を4年目にとりいれるためです(専門医受験も4年目在籍中にしっかりサポート)。

医局員は総勢15名を超え、勉強会を分担・シェアすることで、継続的な生涯学習が実現できています。週1のポートフォリオ勉強会は、どのプログラムにも負けない礎を築く機会となっています。その他楽しいイベントも満載!たくさんの研修医と指導医が、あなたのかけがえのない仲間・先輩となることを必ずや保証します。

プログラム責任者からのメッセージ
圧倒的臨床力と診療領域の広さ、そして仲間の存在
家庭医療プログラム責任者 岡田 唯男


私たちの家庭医/総合診療医研修プログラムに興味を持っていただき、ありがとうございます。皆さんのキャリアチョイスとして、家庭医/総合診療医などのジェネラリストを選んだ時点で皆さんは、良い選択をしたと思います。ここでは、数ある家庭医/総合診療医育成プログラムの中から、どのようにプログラムを選べばよいかについてお話をしたいと思います。

1)仲間(サポート)の存在は大切です
毎日の医療を過不足なく安全に提供するという目的だけで、我々の業界は十分厳しく、プレッシャーも大きいです。同僚・上司からのストレスは不要です。気候も良く、ともに学べる仲間がいる環境は、あまり他では得られないと思います。

2)診療範囲を狭めることはいつでもできますが、後から広げるのは意外と大変です(また、歳をとるほど、無理が利かなくなります)
当プログラムでは、ジェネラリストの本分である、「診療領域の広さ」にこだわっています。診療範囲を狭めることはいつでもできますが、後から広げるのは意外と大変です。多少無理がきくうちに、自分へ投資をしておきましょう。
その結果、当プログラムの修了生は離島〜都市部、少人数〜大人数、診療所〜大病院、大学での教育、研究、海外(南極を含む)、得意分野として小児や女性診療、ヘルスプロモーション、震災支援など様々な表現形態に分化しています。

3)直感を大切にしましょう!すべての人に適したプログラムは存在しない
学びのスタイルは様々で、すべての人の学習スタイルにフィットする研修を提供できるプログラムはありません。私たちのプログラムが重視するのは「多様性」です。皆さんにとって、何が譲れて、何が譲れないのかをよく見つめなおしてみましょう。
その上で、どのプログラムを選ぶべきかの答えはそのプログラムの雰囲気、スタッフや仲間との相性などに「ピピッ」と来るかどうかが最後の決め手です。やはり「ここかも?」というプログラムには直接足を運んで、目で見て、肌で感じ、直感を信じることが大切です。

「今」のプログラムがどのような研修を提供し、自分がその中でどのようにフィットし、ジェネラリストと幹細胞としてどのように、どれだけ可能性を溜め込むことができるのか?の視点から、プログラムを選んでいただきたいと思います。
そして、当プログラムが、できるだけ多くの皆さんにとっての「最適解」になるよう、我々は毎日、努力を続けつつ、皆さんの応募をお待ちしております。
プログラム詳細

プログラム詳細情報

見学申し込み

募集要項
研修期間 2018年4月〜
研修方法 日本専門医機構認定プログラムによる、基本領域専門医研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験
採用面接 出願書類が到着次第、個別に日程調整を行います
定員になり次第募集を締め切ります、お早めにご連絡ください 
出願書類 a.後期研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.エッセイ(Personal Statement)(A4用紙1〜2枚)
c.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
d.症例サマリー(A4用紙1〜2枚)
e.推薦状1通(必須ではありません、書式自由)
f.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)
g.厚生労働省の省令に基づく卒後研修(必修化後の初期研修)に参加した方は、研修評価表、それ以外の方は医学部在学時の成績証明書

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒294-0051 千葉県館山市正木4303-9
亀田ファミリークリニック館山
お問合せ先 医療法人鉄焦会 亀田ファミリークリニック館山
医局秘書 粕谷 宛
E-mail:office.kfct@gmail.com
処遇
1.職名 専攻医 または 後期研修医(4年目はフェロー)
2.勤務形態 常勤医
3.給与 院内規定により支給
4.有給休暇 10日/1年目
5.社宅 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
6.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能
ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.