プログラム紹介・募集要項

亀田総合病院 内科専門医研修プログラム(基幹施設)

定員:20名
状況:見学受付中
採用試験日:個別に日程調整します

見学申し込み  アクセス情報

亀田内科専門医研修プログラムで
実力ある骨太の内科医をめざしませんか?

亀田内科専門医研修プログラムの7つの特徴

①教育的な大規模市中病院を基幹とするプログラム
多数の院内レクチャー、専属部署による臨床研究支援

②施設間格差のない安定した研修環境
基幹施設だけでなく、連携施設の指導医も充実

③しっかりした身分保障
連携施設研修期間中も含めアルバイト不要です

④12科・70名の充実した指導体制
幅広い内科基本診療をしっかり指導します

⑤向上心に溢れた20名の同期
生涯の財産です

⑥自由度が高い個別プログラム
初期研修での経験、専門医研修中の経験に応じ、内科専門医に必要な診療能力を修得できるよう、個別に研修科や担当症例を調整します
さらに、各自の将来像に応じ、柔軟に研修の場を設定します
(総合内科を極めたい、専門科の技術を磨きたい、地域を支える医師になりたい、など)

⑦最長2年間の、subspecialty連動研修が可能

プログラム責任者からのメッセージ

内科専門医研修プログラムを希望される皆さまへ
内科プログラム責任者 小原 まみ子

亀田総合病院の後期研修プログラムは、「LOVE」というキーワードのもとで行われてきました。
「LOVE」は、Learner-centered、Outcome-based、Variation、そして Excellence の頭文字をとったものです。
・研修者のニーズやスタイルに合わせ、指導者と研修者がともにカリキュラムを考える。
・形式だけの研修ではなく、研修のアウトカムを重視する。
・個々人の多様性に合わせ、ヴァリエーションに富んだ研修を工夫する。
・診療のあらゆる面で Clinical Excellence を継続的に追求する。

「LOVE」というキーワードは、研修者と指導者が共に歩み、それぞれの研修医のよりよい研修を考え続けてきた、亀田の後期研修の歴史を象徴しています。

若い医師のみなさんはひとりひとり、個性も強みも適性も異なり、将来めざす医師像も異なっています。また、社会において必要とされる医師像も多様です。当院の内科専門医研修では、幅広く総合的な内科診療能力を高いレベルで修得するのはもちろん、そのうえでみなさんの個性や強みを伸ばすことを目標とし、一緒になって取り組んでいきたいと思います。

プログラム詳細

基本コース

表の上でスクロールして確認

(※1) 充足していない地域によっては連携施設研修も可
(※2) 研修領域によって必要な場合は連携施設研修も可
上記は例になります。年度での基幹施設・連携施設の研修時期は専攻医によって異なります。

地域医療強化コース

表の上でスクロールして確認

(※3) 充足していない地域によっては基幹施設研修を入れることも可
地域医療強化コースの連携施設は、安房地域医療センター、南相馬市立総合病院から選択できます。
上記は例になります。年度での基幹施設・連携施設の研修時期は専攻医によって異なります。

プログラム詳細情報

プログラムPDF

見学申し込み

基本領域・基幹施設 募集要項

研修期間 2022年4月~
研修方法 日本専門医機構認定プログラムによる、基本領域専門医研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 個別に日程調整します
定員になり次第募集を締め切ります、お早めにご連絡ください
出願書類 a.専門研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇 1.給与
 年俸制:院内規定により支給
 その他手当あり
2.有給休暇
 10日/1年目
3.社宅
 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
4.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能

プログラム一覧へ戻る

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター  問い合わせフォーム

=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE