プログラム紹介・募集要項

亀田総合病院 麻酔科専門医研修プログラム(基幹施設)

定員:1名
状況:見学受付中
採用試験日:個別に日程調整します

見学申し込み  アクセス情報    亀田総合病院 麻酔科(blog)

*亀田総合病院 麻酔科 公式facebookページ*

 

プログラム基本情報

当院では日本麻酔学会の認定病院の資格を受けており、現在、指導医6名、専門医5名、後期研修医5名、その他常時5から6名の初期研修医で手術室を運営しています。また、週2日のペインクリニック外来も開いています。
平成30年の総手術症例数は一万件を超え11,400例(亀田クリニックを含む)で、そのうち麻酔科管理症例数は7,016件です。各科の内訳は消化器外科945、呼吸器外科242、乳腺外科692、心臓外科243、整形外科864、泌尿器科1031、産婦人科694、ウロギネ科373、脳神経外科125、耳鼻科355、口腔外科123、形成外科271、小児外科70、腎移植科11、血液腫瘍内科3、心療内科168、循環器内科31、脊椎外科350、スポーツ医学321、生殖医療科84、呼吸器内科2、です。
現在手術室数は18室あり、TAVIなどの血管内治療を始め心臓外科、産科麻酔、小児麻酔など全科の麻酔が行われています。 神経ブロック用エコー、食道エコー、手術室モニターを初めとし麻酔関連器具も最新の物を揃えており麻酔科医にとって最も働きやすい環境になっています。

新麻酔科専攻医制度にいち早く対応し、基幹研修病院である当院は豊富な症例を持つため、他の病院へ出向することなく、当院のみで麻酔科専門医の受験資格に必要な麻酔症例を得る事ができます。

新たにアイオワ大学麻酔科より植田健一先生を迎え心臓血管麻酔フェローシップコースを設けました。心臓麻酔に特化したプログラムで心臓麻酔周術期管理、経食道・経胸壁エコー、小児心臓麻酔等を学び心臓麻酔専門医取得を目指したコースです。また従来どおり当院の集中治療部を利用した集中治療医を目指すコースも継続しています。
当院はペインクリニックの認定病院であり、高周波熱凝固法、硬膜外脊髄電気刺激療法も積極的に取り組み、ペインクリニック医を目指す先生も研修も可能です。

プログラム詳細

プログラム詳細

プログラムPDF

見学申し込み

プログラム責任者からのメッセージ

麻酔科プログラム責任者 小林 収

近年、麻酔科医の役割は手術室のみならず術前管理・術中管理・術後管理と周術期全体を見渡すものと変遷しています。また手術を行える病院の集約化は経済的、医療技術クオリティー面からも避けられず、米国の例に漏れず、何万もの手術件数を行う巨大病院が日本に誕生するのも間近です。亀田病院麻酔科プログラムは、このような医療を取り巻く環境の変化を見据え、次世代の麻酔科医の皆様の多様なニーズに応えられるよう、フレキシブかつ効率的に組み立てられています。この環境を向上心あふれた熱いハートを持つ若い麻酔科医の方々に有効利用していただければと思います。

岡山大学病院麻酔科専門研修医プログラムを希望される方
麻酔科プログラム連携施設責任者 岡山大学病院 森松 博史

メッセージ詳細

基本領域・基幹施設 募集要項

研修期間 2022年4月~
研修方法 日本専門医機構認定プログラムによる、基本領域専門医研修
応募資格 医師免許取得後2年以上の卒後臨床研修修了者または修了見込者
採用試験 個別に日程調整します
定員になり次第募集を締め切ります、お早めにご連絡ください
出願書類 a.専門研修申込書(指定用紙をこのサイトよりダウンロード)
b.医師免許証(A4サイズに縮小コピーしたもの)
c.推薦状(必須ではありません、書式自由)
d.厚労省発行:臨床研修修了登録証コピー(卒後3年以上の方)

応募書類用紙ダウンロード
書類送付先 〒296-8602 千葉県鴨川市東町929
亀田総合病院 卒後研修センター
選考方法 書類、面接により総合的に審査
お問合せ先 医療法人鉄蕉会 亀田総合病院
卒後研修センター
E-mail:kouki-kenshu@kameda.jp
処遇 1.給与
 年俸制:院内規定により支給
 その他手当あり
2.有給休暇
 10日/1年目
3.社宅
 あり/家賃は給与天引き(約半額病院負担)
4.社会保険完備
その他 1)採用者に対しては、引越料金(限度額あり)を支給
2)研修修了者には修了証書を授与
3)研修終了後、改めて雇用契約を結び医員入職が可能

プログラム一覧へ戻る

お問い合わせ

〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター  問い合わせフォーム

=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE