亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
初期研修プログラム
亀田産婦人科プログラムを志望されるみなさまへ 産婦人科部長 鈴木 真

産婦人科診療は、生まれた直後の赤ちゃんに始まり、思春期、性成熟期、更年期、老年期と女性特有の疾患を中心として女性の一生に関わる診療科です。その分野は大きく分けると4つあり、妊娠・分娩・産褥期における母体と胎児・新生児を診療する周産期領域、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの良性疾患から子宮癌や卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍を扱う婦人科腫瘍領域、更年期・思春期などの全世代の女性のQOL向上を目指したウィメンズヘルスケア領域(骨盤臓器脱や尿失禁などの骨盤底再建外科領域のウロギネを含む)、不妊生殖補助医療領域と多岐にわたります。

そのため分娩や手術などの外科的な診療と内分泌疾患の薬物療法や悪性腫瘍の化学療法などの内科的な診療の二つの側面を持つだけでなく、専門診療科といっても全世代の女性の健康とQOLの向上を対象とするため、総合診療的な側面もあり、地域社会と密着した未来志向型医療であり、総合支援型医療と言えます。

この理念のもと、亀田メディカルセンター産婦人科は、周産期・婦人科腫瘍・内視鏡手術・不妊生殖・ウロギネという産婦人科に関わる全ての専門領域の指導医を擁し、日本産科婦人科学会卒後研修指導施設指定機関としてこれまでも産婦人科専門医を目指す医療者の育成に力をいれ、産婦人科後期研修修了者は皆、偏りのない優秀な成績で専門医試験に合格している実績があります。日本専門医機構認定の産婦人科領域専門研修プログラムにおいても基幹施設としての認定をすでに受けており、これまで以上に初期研修と継続した産婦人科専門後期研修を強化していく予定です。

医師臨床研修(いわゆる初期臨床研修)の産婦人科・周産期コースでは半年近い産婦人科研修が必須とされている中において、当院では初期・後期の一環研修との考え方から、最初の二年間では産婦人科研修は1年目、2年目それぞれ一ヶ月としており、産婦人科研修になるとなかなか接する機会が少なくなる他の診療科の研修に重きを置いています。例えば、外科、泌尿器科、放射線診断・治療科、糖尿病内分泌内科など産婦人科診療と密接に関連する診療科の研修をその人の興味(Targeted)に合わせてTailor-madeで作成しています。それに引き続く産婦人科専攻医研修では正常分娩に始まり、婦人科良性疾患の診断管理、正常妊娠の管理、異常妊娠の管理、婦人科外来、婦人科悪性疾患の診断・管理、NICU研修、さらに不妊生殖研修と、正常から異常疾患、悪性疾患と徐々に難易度が変化する個々の熟達度に合わせたStep-by-Stepの研修を行います。さらに専門医修得後も継続して、サブスペシャリティである、周産期専門医、婦人科腫瘍専門医、婦人科腹腔鏡認定医、不妊生殖専門医、女性診療専門医、超音波専門医など様々な専門資格が取得可能なプログラムを提供し、さらなるキャリアアップが図れるように各分野の指導医を有し、それぞれの学会の指導研修施設として認定されています。産婦人科スタッフとしての勤務は、亀田総合病院を基軸として亀田メディカルセンターグループの亀田京橋クリニック、幕張MTGクリニック、亀田WFクリニック幕張などでの外来担当勤務を折り込み、また各自の希望に沿って乳腺科や腫瘍内科、疼痛・緩和ケア科などの他科研修や海外研修の機会提供しキャリアパスとして活かしていただいています。

これによって、あらゆる年代への医療の質の向上ならびに研修教育システムの充実を推進しており、年間分娩数は700-800、帝王切開率25%、千葉県初の総合周産期母子医療センターとして県内から多くの母体搬送を受け入れているとともに、救急救命科、集中治療科、麻酔科を始め多くの診療科と協働して母児の救命に当たっています。良性および悪性婦人科腫瘍を中心とした手術症例も多く年間手術数は約1,000例の実績があります。

繰り返しになりますが、亀田メディカルセンター初期研修産婦人科プログラムは初期臨床研修、産婦人科専攻医研修、スタッフとなってからの専門領域研修を一貫して提供するプログラムとして、初期臨床研修ではまず基礎診療能力の向上を第1に考え、将来に必ず役立つ関連診療科研修ローテーションを各自と相談しながら個別に組み立てています。「元気で明るく、人間力のある医師、将来の我が国の産婦人科医療を担って戴ける医療者」の育成プログラムを目指してこれからも進化していきたいと思っております。

産婦人科医療に興味があり高い志を持った意欲のあるみなさま、志高い指導者のもとで、我々と一緒にこの国の未来に貢献できる医療者を目指して研鑽を積んでいきましよう。

←前へ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.