亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
初期研修プログラム
7つのプログラム

亀田メディカルセンターには、皆さんの将来目標に応じた、7つの初期研修プログラムがあります。それぞれの名称と定員は、以下の通りです。


亀田内科系プログラム 8名
亀田外科系プログラム 8名
亀田麻酔・救急・集中治療プログラム 2名
亀田産婦人科プログラム 2名
亀田小児科プログラム 2名
亀田病理プログラム 2名
地域ジェネラリストプログラム 4名

@亀田骨太プログラム
特徴

医師としてのしっかりした土台を築きながら、内科系医師としてのそれぞれの将来目標を見据えた、個別カリキュラムでの研修を行います。
厳しいプログラムですが、医師としての実力を付け、専門医制度の必要要件も、余裕を持ってクリアすることが可能です。定員は8名です。

基本ローテーション
1年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(6ヶ月)
自由選択(3ヶ月)
救急
麻酔科
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修(内科、外科、小児科)


2年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(6ヶ月)
救命救急科
外科(1
精神
地域
医療
(2
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修(内科、外科、小児科)
総合内科外来研修

(1)外科:消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、乳腺科、整形外科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、スポーツ医学科の12科より選択
(2)地域医療:安房地域医療センター亀田ファミリークリニック館山、南相馬市立総合病院のいずれかを選択

A亀田外科系プログラム
特徴

医師としてのしっかりした土台を築きながら、外科系医師としてのそれぞれの将来目標を見据えた、個別カリキュラムでの研修を行います。
厳しいプログラムですが、医師としての実力を付け、専門医制度の必要要件も、余裕を持ってクリアすることが可能です。定員は8名です。

基本ローテーション
1年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(6ヶ月)
救急
麻酔科
精神
地域
医療
(1
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)


2年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
外科(7ヶ月)(2
自由選択
(3ヶ月)
救命救急科
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)
総合内科外来研修

(1)地域医療:安房地域医療センター亀田ファミリークリニック館山、南相馬市立総合病院のいずれかを選択
(2)外科:消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、乳腺科、整形外科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、スポーツ医学科の12科より選択

プログラムディレクターからのメッセージ

亀田外科系プログラムを希望されるみなさまへ
小児外科医長 松田 諭

B亀田麻酔・救急・集中治療プログラム
特徴

医師としてのしっかりした土台を築きながら、麻酔・救急・集中治療科系医師としてのそれぞれの将来目標を見据えた、個別カリキュラムでの研修を行います。
厳しいプログラムですが、医師としての実力を付け、専門医制度の必要要件も、余裕を持ってクリアすることが可能です。定員は2名です。

基本ローテーション
1年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(6ヶ月)
麻酔科(4ヵ月)
自由選択
(2ヵ月)
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)


2年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
集中治療科(4ヶ月)
救命救急科(4ヵ月)
外科(3ヵ月)
地域
医療
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)
総合内科外来研修
プログラムディレクターからのメッセージ

亀田麻酔・救急・集中治療プログラムを希望されるみなさまへ
救命救急センター センター長、救命救急科 部長 兼務 不動寺 純明

C亀田産婦人科プログラム
特徴

プログラムの軸となる産婦人科は、周産期・婦人科腫瘍・不妊生殖・内視鏡手術・ウロギネという全ての産婦人科専門領域の指導医を擁し、千葉県の総合周産期母子医療センターとして多くの分娩実績・手術実績を誇っています。定員は2名です。

基本ローテーション
1年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
総合内科
麻酔科
救急
内科選択(6ヶ月)
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)


2年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
救命
救急科
外科(1
総合
内科
精神
地域
医療
(2
小児
産婦人科(3ヶ月)(3
自由
選択
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)
総合内科外来研修

(1)外科:特に希望がある場合には、他の外科系診療科研修に変更可能
(2)地域医療:安房地域医療センター亀田ファミリークリニック館山、南相馬市立総合病院のいずれかを選択
(3)産婦人科:3か月必修

産婦人科医志望のBさんのローテーション
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
1年次
産婦
人科
麻酔科
総合内科
小児
消化器内科
救急
(安房)
腎臓高血圧
内科
2年次
一般外科
整形
外科
精神
心療
内科
循環器内科
総合
内科
地域
医療
救命救急科
産婦人科

私は産婦人科医を目指しています。まずローテーションの最初に産婦人科を研修し、産婦人科医に必要な知識・技術のイメージを深め、明確な目標を持って2年間を過ごしたいと考えています。将来自信を持って全身管理、蘇生を含めた急変時対応が出来るように麻酔科で学び、産科麻酔も研修したいと思います。一般外科・整形外科・救命救急科で外科系医師としての基本技術を身につけ、小児科、腎臓高血圧内科など、周産期と関連が深い分野のローテートも行います。

研修中の診療科の空き時間には、産婦人科医局・病棟にも積極的に顔を出し、2年間の研修期間を通じてメンターの先生から少しでも多くのことを吸収したいです。

プログラムディレクターからのメッセージ

亀田産婦人科プログラムを希望されるみなさまへ
産婦人科部長 鈴木 真

D亀田小児科プログラム
特徴

プログラムの軸となる小児科は、神経、血液、免疫、アレルギー、循環器、新生児、内分泌、腎臓と、多岐に亘る小児科専門領域の指導医を擁し、小児科医として必須の疾患をほぼ経験することが可能です。定員は2名です。

基本ローテーション
1年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
総合内科
麻酔科
救急
内科選択(6ヶ月)
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)


2年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
救命
救急科
外科(1
総合
内科
精神
地域
医療
(2
小児科
(3ヶ月)
産婦
人科
(3
自由
選択
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)
総合内科外来研修

(1)外科:特に希望がある場合には、他の外科系診療科研修に変更可能
(2)地域医療:安房地域医療センター亀田ファミリークリニック館山、南相馬市立総合病院のいずれかを選択
(3)産婦人科:必修

プログラムディレクターからのメッセージ

亀田小児科プログラムを希望されるみなさまへ
小児科部長 伊東 宏明

E亀田病理科プログラム
特徴

2018年開始予定の、病理医を目指す方のための初期研修プログラムです。
一般病院としては国内トップクラスの病理検査症例数を有する亀田総合病院での研修を通じ、即戦力として地域医療に貢献できる、実力のある病理医としての土台を築きます。

基本ローテーション
1年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(6ヶ月)
救急
産婦
外科(2
自由選択
(2ヶ月)
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)


2年次
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
救急
(2ヶ月)
地域(1
病理(9ヶ月)
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)
準夜帯救急外来研修 (内科、外科、小児科)
総合内科外来研修

(1)地域医療:安房地域医療センター亀田ファミリークリニック館山、南相馬市立総合病院のいずれかを選択
(2)外科:消化器外科、呼吸器外科、心臓血管外科、脳神経外科、脊椎脊髄外科、乳腺科、整形外科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、眼科、スポーツ医学科の12科より選択

プログラムディレクターからのメッセージ

亀田病理プログラムを希望されるみなさまへ
臨床病理科特任包括部長 福岡 順也

F地域ジェネラリストプログラム
特徴

平成23年度より新設されたプログラムです。地域医療の中核を担う安房地域医療センター(千葉県館山市、急性期病院:149床)での研修を軸とし、将来地域医療に従事する、横断的・統合的なジェネラリスト育成を目標としています。近隣の亀田総合病院と密接に連携し、同院の充実した教育プログラムを共有しています。1年次は安房地域医療センター、2年次は亀田総合病院で主に研修を行います。

基本ローテーション
1年次:主に安房地域医療センターで研修
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(1
救命
救急科
循環

内科
外科
整形
外科
亀田
ファミリー
クリニック
館山
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)(3
準夜帯救急外来研修 (内科外科、小児科)


2年次:主に亀田総合病院で研修
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
1月
2月
3月
内科(1
亀田
ファミリー
クリニック
館山
総合内科
小児科
麻酔科
自由選択(3ヶ月)(2
初期研修医コアカリキュラム(講義・手技修練)(3
準夜帯救急外来研修 (内科外科、小児科)
継続外来研修(隔週)

(1)内科:安房地域医療センターにて研修(総合内科を中心とする)
(2)自由選択:亀田総合病院の全診療科から選択可能(産婦人科、精神科を推奨)
(3)初期研修医コアカリキュラム:週1回実施、原則として参加必須。施設間講義中継システムにより、亀田総合病院、亀田ファミリークリニック館山とプログラム共有

プログラムディレクターからのメッセージ

地域ジェネラリストプログラムを希望されるみなさまへ
安房地域医療センター メディカルディレクター 西野 洋

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.