亀田メディカルセンター 研修サイト
初期研修 専門研修 歯科研修 看護師特定行為研修 薬剤師レジデンシープログラム研修
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
初期研修プログラム
地域ジェネラリストプログラムを志望されるみなさまへ 家庭医診療科 岩間 秀幸

家庭医・総合診療医になりたい!
病気だけでなく患者さんの家族や生活背景を大切にできる医師になりたい!
地域を健康にできる医師を目指したい!

地域ジェネラリストプログラムはそんな志をもった人材を待っています。

「安房レジ」

地域ジェネラリストプログラムの研修医、卒業生は自分たちのことを誇りをもってそう呼びます。研修の主体は安房地域医療センター。150床弱の中規模病院ですが、その名の通り安房地域の中核を担っていて、救急外来には年間2万人以上が来院します。総合診療科が各専門診療科と連携しながら診療を行っていて、様々な症例を研修医が主体的に経験することができます。
医師、多職種が顔の見える関係で、研修医を育てるという風土が根付いていて、2年間の研修で医師として人としても大きく成長することができます。

安房地域医療センターをホームに、亀田総合病院や亀田ファミリークリニック館山(KFCT)で学びます。総合病院では大病院、KFCTでは診療所の視点で、同じ患者さまでも視点が変わることを感じられるでしょう。
1年目のKFCTローテ後は、ロールモデルとなる家庭医の指導を受けながら継続外来を担当します。1人の人の人生を継続的に、総合的に診続ける経験は、生涯の財産となります。

教えることは教わること。研修医時代からワークショップの企画運営や地域住民との交流活動などを通し、地域活動を通した地域づくりに関わる「場」がたくさんあります。小中学校での健康教室、学校医・産業医活動、健康なまちづくりなど、将来地域医療の実践にも役に立つ知識やスキルを身につけることが出来ます。

卒業生はすでに全国で活躍中。亀田家庭医の指導医以外でも、内科(呼吸器・循環器)、救急、小児科、リハビリ・整形・放射線など、日本の性教育を変える産婦人科医もいます。皆、家庭医・総合診療の魂を持って専門分野を生かして地域を変える医師になっています。

あなたも「安房レジ」の仲間なりませんか?
指導医も先輩研修医も本気で先生たちの学びを応援します!
見学や応募をお待ちしています。

←前へ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.