亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
初期研修プログラム
亀田病理プログラムを希望されるみなさまへ 臨床病理科特任包括部長 福岡 順也

病理診断科とは、生検などで採取された組織や細胞を対象に、疾患の診断を行う診断科で、病理学は疾患機序の解明を行ったり、新たな治療へとつなげる因子を探索したり、臨床と研究の架け橋となる学問です。
従来行われてきた顕微鏡で組織や細胞をみて診断を行うという基本的な業務に加え、遺伝子やタンパク質などの分子発現のパターンや、デジタル技術やインフォーマティック技術を駆使した画像およびデータ解析結果に基づいて最終診断を行い、個別化医療における診断部分のコアを担う診療科へと変わっていきます。

今後AIoTの時代に入り、病理学は遠隔医療を牽引する担い手となります。デジタル化が急激に進み、距離と時間を超え、地球規模でテレヘルスを展開する突破口となるでしょう。
病理学は臨床にも研究にも精通し、それぞれをつなぐ役目を担える診療科で、分子とピクセルという大きな技術革新の波を取り入れ発展することが予想されます。今後やってくる産業革命を牽引する診療科に皆さんも参加されませんか?

1.病理診断科の特徴

我々の診療科の特徴は、以下の8点です。

  1. 年間3万5千件を超える優れた症例と経験豊富な指導陣
  2. 毎日のサインアウトセッション(診断カンファ)でエキスパートの診断プロセスを共有
  3. デジタル技術とクラウドシステムを取り入れた先進的なテレヘルス技術
  4. 臨床との豊富なディスカッション
  5. 海外施設との診断ネットワーク形成とグローバル化
  6. 遺伝子診断を積極的に導入
  7. 英語のみでも研修可能な環境(外国人医師や技師が多く所属。カンファレンスの多くは英語で行われます。)もちろん日本語でも研修可能
  8. 豊富な留学先と留学サポート体制

開放的で笑いの絶えない環境で、真剣に仕事に取り組んでいます。

2.デジタル・クラウド診断システ

数ある情報を整理し統合するために、現代社会ではデジタル化やクラウド化が、必須のものとなりつつあります。デジタル化やクラウド化によって、今までは不可能と思われていたことも、次々に可能となる時代になりました。
病理診断科では、他科に率先してデジタル化環境を構築し、テレヘルスを実現可能としています。具体的には、随時長崎大学およびその関連施設とオンライン連携しており、カンファレンスや症例検討をシェアすることで多くの症例経験を積むことが出来、必要であれば、瞬時にデジタルシステム内で症例の相談が可能です。
サインアウトセッションと名した毎日複数回行われるカンファレンスでは、亀田でも長崎でも、淡路医療センターなどの長崎大学病理学講座の連携施設からでも、同じ画像を共有しながらディスカッションを行うことが可能です。
物理的な距離にとらわれることなく、多施設で活発なディスカッションを行うことができ、バーチャルなビッグラボ空間の形成に成功しています。外国人スタッフが多く、カンファレンスの多くは英語で行われます。日常会話を含め、英語のみで研修を行うことも可能です。

我々は、千葉県の鴨川という場所にあって亀田のコンセプトでもある、ローカル&グローバルな病理診断科として国内外で活躍する次世代の病理医育成を目指します。

3.教育体制

研修医期間に、将来の志望科のための勉強したい方や、一緒に論文を執筆したい方も大歓迎です。5年後、10年後の目標を設定することで、最大限に効率的な進路を設定することが可能です。

例えば、学生時代に病理を経験した研修医には、1年目で臨床科を重点的に履修しどういった場面で病理が必要となり、どういった視点で病理を必要としているかを学びます。特に臨床に役立つ病理診断を行う為には、何が必要なのかをこの期間に研修することとなります。
2年目には、病理を重点的に回りながら、病理診断の基礎を修得、臨床とのカンファレンスをドライブし、剖検のCPCなどを通して統合的に最終診断を行う技術を身につけます。
またオプションとして、症例報告などを中心とした学術論文の執筆方法を学んだり、留学や国外での就職を見据えた研修も可能です。

教室の扉はいつでも開いています。興味のある方はぜひのぞきに来てください。

←前へ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.