亀田メディカルセンター 研修サイト
初期研修 専門研修 歯科研修 看護師特定行為研修 薬剤師レジデンシープログラム研修
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 4つのプログラム
医学生の皆さんへ
医学生のみなさんへ 初期研修医 亀田骨太プログラム 小田 康弘

このページをご覧になっている医学生の皆さんは、初期研修先選びで迷っているところだと思います。医師として初めての2年間、充実した研修を送りたい、力を付けたい、そのためにどこで研修をしようか?僕も随分と考えました。当院の紹介は他のページに譲って、このページでは初期研修先をどうやって選んだか、自分のケースをご紹介したいと思います。

初めに亀田総合病院のことを聞いたのは大学4年生の時でした。南房総に大きな民間病院があって、電子カルテを日本で初めて導入したり、ホテルみたいな病棟を建てたり、変わったことをしているらしい、という話を耳に挟んだ程度でした。大学5年になって、そろそろ病院見学とかしてみたいな、と思い始めた頃、そういえば亀田っていう面白い病院があった、と思い出してウェブサイトを開き、募集中だった一日バスツアーに行ってみることにしました。丸一日かかるし、遠いし、やっぱりやめようかな、とも思いましたが、タダだしまあ折角だからと思い切って行ってみることにしたというのが本音です。いざ来てみると、噂通り病棟がホテルみたいなことにも驚きましたが、研修医の目が活き活きとしていることが何より印象的でした。このことがきっかけで、もっとこの病院のことを知りたいと思うようになり、一週間の病院実習に来て初期研修医に付いて行動します。初期研修医が自分で考えて主体的に診療しているのを見ながら、実際にどういう一日を送っているかイメージできるようになったこと、職種を問わず病院スタッフさんが患者さんに真摯に向き合っていると実感できたことは、実習の大きな収穫でした。マッチング登録の時期までに気になる他の病院もたくさん見学に行って、是非研修したいと思う病院は他にもみつかりました。指導医、救急診療、当直、病院の規模、立地など、色々考えて悩みましたが、亀田の研修医の活き活きした目と患者さんに真摯なスタッフさんの姿が脳裏から離れず、あの現場で働けたらいいなと具体的なイメージが湧いたことが後押しして、亀田を志望するようになりました。

実際に働き始めると、思ったよりも忙しいというギャップはありましたが、病院の印象と研修の様子は実習の時に見て知った通りでした。働き始めは右も左も分からない研修医ですが、頑張って成長しようとしていれば応援してあげようという気風が病院全体にあります。働き始めてやはり一番印象深いのは、医師、看護師、薬剤師、リハビリ士、栄養士、ソーシャルワーカー、事務員、その他全ての職種のスタッフの多くが、自分の仕事に真摯に活き活きと取り組んでいることです。職員駐車場では地元の「袖ヶ浦」ナンバーに混じって全国津々浦々のナンバープレートを見かけます。地元が鴨川でない人も多く敢えて亀田に来ているのは、それだけのモチベーションがあるからだと頷けます。同期の仲間、先輩の研修医を含め、人に恵まれた研修環境だと実感します。

亀田で研修することを希望したのは自分にとって良い選択だったと思っていますが、良い選択となった理由は二つあるように思います。一つは、自分の目で病院を見に来たことです。各研修病院について先輩や同級生から色々な話を聞いたりインターネットで情報を得たりしていると思いますが、自分で足を運んで自分の目で見ると、聞いていた話や印象と全く違うことがよくあります。例えば、亀田に見学に来る前はホテルのような病棟と最新の医療情報システムを備えたお高くとまった病院というイメージがありましたが、いざ来てみると目の前の患者さんに対して真摯なスタッフさんがとても印象的でした。もう一つの理由は、自分が働いている姿を想像できたことです。一日見学は文字通り見るだけで終わりましたが、一週間実習したことで初期研修医がどういう毎日を送っているか知ることができ、自分もこのように都会の喧騒から離れて臨床に集中して目の前の患者さんに対して主体的に診療したいと思えました。人によって心に響くことは違うでしょうから、受ける印象が人によって違うのも当然に思えますし、自分が働いている姿を想像できるということはその病院に合っているということかも知れないと思います。

初期研修先選びで迷ったときには、気になる病院があるなら重い腰を上げて食わず嫌いをせずに足を運んでみること、自分が働いている姿を想像できるか試してみることをお勧めします。マッチングはお見合いのようなもので、最適な答えがあるわけでもないし、自分が希望したからと言って必ずマッチできるものでもないですが、自分の足で稼いで見に行き五感で感じることで、自分に合った研修先がみつかりやすくなると思います。皆さんが良いお見合いの縁をみつけられることをお祈りしております。その際に亀田にも興味を持ってもらえると嬉しいです。鴨川でお待ちしています!

←アーカイブへ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・専門研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.