亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
医学生の皆さんへ
医学生の皆様へ 卒後研修センター長補佐  片山 充哉

医学生の皆様こんにちは。卒後研修センター長補佐の片山です。

私自身が亀田総合病院の初期研修医プログラムの卒業生であり、都立墨東病院での後期研修、ハワイ大学内科レジデント、サウスフロリダ大学感染症科フェローを経て、2014年8月に鴨川に、そして亀田病院へ戻ってきました。

そもそも私が医学生であった頃は、自分が将来アメリカで臨床研修をすることになるとは夢にも思いませんでした。初期研修医として亀田で勤務し始める前は、英語がほとんど話せず、USMLEをどう申し込んでいいのやら見当すらつきませんでした。
しかし、いざ初期研修がはじまると、海外から帰国後スタッフとして亀田ですばらしい教育を展開されている先生方の熱い熱いモチベーションに少なからず刺激を受けました。
知識の多さ、深さはもちろんのこと、自分の持つ知識を後輩にシェアするアウトプットの技術やコミュニケーション能力が並大抵でなく、そんな先輩方の背中を見て、私自身もアメリカでの臨床留学にチャレンジしたいという気持ちが沸々と湧いてきました。
英語のスキルアップのために、当時の研修医教育担当Dr Gremillionのオフィスに頻繁に通い、挑戦、失敗、再挑戦を繰り返してアメリカ臨床留学の切符を手に入れました。当時も今も、そうしたチャレンジを積極的にサポートしてくれる環境が亀田にはあります。
今日まさにこの日に至るまで、日本の市中病院研修の良さと、アメリカでの研修の良さを感じる機会に恵まれたことが私のこれまでの人生のなかでの大きな財産であり、両者をうまくブレンドし、世界に誇ることのできる研修プログラムを提供することが、8年ぶりに亀田に戻った私の使命であると感じています。

亀田総合病院の精神はChallenge, Global, Love。
アメリカ臨床留学という道以外にも、熱意のある皆さんの成長を十分にサポートし、高いハードルにもチャレンジさせてくれる環境、レジデント教育の長い歴史が亀田にはあります。 医学生の皆さん、世界に目を向け、チャレンジするという亀田の精神に触れながら熱い研修をしてみませんか?

←一覧へ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.