亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
医学生の皆さんへ
亀田での初期研修 卒後研修センター長 片多 史明

こんにちは。卒後研修センター長の片多史明(かただ ふみあき)です。 2010年4月から、前センター長の西野 洋先生(現安房地域医療センターメディカルディレクター)の後を引き継ぎ、センター長をしています。よろしくお願いします。

このページを御覧になった医学生の皆さんに、「亀田での初期研修」の一端を御紹介したいと思います。
温暖な南房総の海沿いにある亀田メディカルセンターは、30年以上前から、臨床研修指定病院として医師の教育・育成に力を入れてきました。
亀田での初期研修の共通目標は、2年間のスーパーローテート研修を通じ、医師としてのしっかりとした土台を築くことです(骨太の医師と私たちは呼んでいます)。また、それぞれの研修医の将来目標も大事にしています。各自の将来目標に合わせた個別ローテーションを組み、ローテーション先の診療科でも、土台の構築に加え、それぞれの将来に活きるような研修を心がけています(Four T's といいます)。
ここには、1学年25名の研修医が、多くの患者さんから学び、先輩医師から学び、医療チームのスタッフから学び、研修医同士で経験を分かち合い、お互いに切磋琢磨できる、厳しくも温かい研修環境があります。
目の前の患者さんに、一つでもプラスになるように、自分の知識・技術の向上のために努力し、医療チームのパフォーマンスを向上させ、患者さんにきちんと結果が出せたときの喜びはとても大きいです。医師としての喜びに溢れた730日は、あっという間に過ぎてしまいます。

「医学生」から「臨床医」への成長は、単なる文字で書かれた研修目標の達成の繰り返しではなく、次元の異なる「進化」です。亀田には、皆さんの成長を自身の喜びとする、多くの患者さん、先輩医師やメディカルスタッフがいます。また、皆さんの進化の触媒となるような、プロフェッショナルとして問い続け、学び続け、更なる技量の向上に挑み続ける、多くの先輩医師の背中があります。
私も、まだまだ修行中、発展途上の身です。医師としての完成形・ゴールを皆さんに示すことは出来ません(そんなものは無いのかもしれません)。皆さんより数歩先を歩む先輩として、臨床医を続けることの厳しさ、喜びを分かち合いながら、充実した研修生活が過ごせる様に精一杯サポートをしていきたいと思います。

このページを開かれたのも、何かの御縁です。「亀田での初期研修」に興味を持たれた医学生の皆さん、機会があれば是非一度当院を見学にいらしてください。活字では伝わらないような病院の雰囲気、活き活きと研修に励む研修医の表情を、感じていただけることと思います。皆さんとお会いできることを、楽しみにしています。

←一覧へ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.