亀田メディカルセンター 研修医募集サイト
初期研修医 後期研修医 歯科研修医
初期研修トップ 病院概要・研修のスピリッツ 初期研修プログラム 医学生の皆さんへ 病院見学・実習 募集要項・FAQ
2つのキーワード 7つのプログラム
医学生の皆さんへ
亀田レジデントを希望されるみなさまへ 亀田総合病院長 亀田 信介

2018年は医師の研修制度の大きな転換期といえます。不十分な準備や未熟な制度とはいえ、新専門医制度は強引ともいえるスタートを切りました。
また政府の働き方改革の議論において医師の長時間勤務が問題となり、医師の労働をどのように定義し、研究、研修などとの切り分けをどのように考えるべきかが大きな問題となっています。これまでは医師としての責任とプライドに根ざした自己犠牲的な文化で支えられてきた部分が崩壊しようとしています。しかし一方では、高齢化による医療費の膨張に対し、診療報酬は低く抑えられ続け、子育て支援や教育費の負担といった、若者支援政策の充実は先進国中最低レベルです。

このような環境の中、亀田メディカルセンターでは、より高い視点と広い視野に立ち、今後に向けた、医療・介護・福祉・教育などの社会システム構築に取り組んでいます。これからの時代は、想像できないスピードで進む多くの技術革新や価値観の変化により社会は大きく変わってゆくでしょう。もはや従来のシステムにとらわれるべきではなく、積極的に新しい技術を活用し、医師卒後研修や医師の働き方改革を実践してゆくべきです。

亀田メディカルセンターでは、すでに情報通信システムを活用し、海外とのカンファレンスや共同研究、遠隔画像診断や病理診断を実施しており、グローバルで質の高い研修や専門的診断をスタートしています。さらに今後は仕事や研修の内容によっては、個々の生活環境に都合の良い、様々な場所や時間の選択が可能になると思われます。
情報通信技術に加え、人工知能やロボット技術が進歩すれば、遠隔治療やAI診断の可能性もさらに広がることでしょう。

したがって若い医師諸君には、常に旺盛な好奇心と、新しいものを受け入れる柔軟性、挑戦し続けるチャレンジ精神、加えて患者さまや関係者はもちろん、世界中の誰とでも良好な関係を築くことのできる多様なコミュニケーション能力を培っていただきたいと思います。

もはやひとつの医療機関でピラミッド型の研修に固執する時代でも、転々と様々な医療機関をローテーションする時代でもないと思います。ワークライフバランスを保ち、そのときの環境に最も適した研修や働き方をしながら、安心してキャリアアップし続けられるシステムを作ってゆこうと考えています。
現実的には、時代に逆行する合理性のない多くの規制やシステムがあり、決して簡単ではありませんが、皆様と一緒に長寿、人口減少社会を乗り越え、持続可能で質の高い医療提供を可能にするためのトータルシステムの構築に挑戦したいと思います。

←一覧へ戻る

ページトップ
=卒後研修センターFacebookページ=
初期研修・後期研修の出来事をリアルタイムでお伝えします
http://www.facebook.com/KmPGE
お問合せ
〒296-8602 千葉県鴨川市東町929 TEL:04-7092-2211(代)
医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 卒後研修センター 問い合わせフォーム
プライバシーポリシー セキュリティポリシー 推奨環境
© copyright2008 Kameda Medical Center All rights reserved.